サービス案内

Buddiesのサービス

行き場のない保護犬を雇用・トレーニングし、
犬好きの人・施設の元へと派遣する犬材派遣サービス

  1. STEP 1保護シェルターから保護犬を引き取り
  2. STEP 2Buddiesの派遣社員 “バディドッグ” として雇用
    (住居・食事・医療・娯楽・トレーニングつき)
  3. STEP 3犬好きの人(BtoC)や施設(BtoB)へバディドッグ派遣*
  4. STEP 4バディドッグが利用者のさまざまなアクティビティにアテンド**
  5. STEP 5派遣利用料がバディドッグの給料やさらなる保護犬のレスキューに還元
*獣医師によるWeb講座やレッスンなどのフォローアップを充実させ、犬初心者の方でも安心してご利用いただけます。
**好きな時に好きなシーンで派遣サービス利用可能。バディドッグとの楽しみ方は無限大!

Buddie Dog

BEE(ビー)
BEE(ビー)
2020年春生まれ
女の子

記念すべき第一号社犬!
(そのため名前はBuddiesのB)
赤ちゃんの時に母犬の飼い主によって保健所に持ち込まれました。
保護当初はとても怖がりで、初めての人や環境に遭遇すると、おしっこを漏らしてしまうことも多々。
でも本当は甘えん坊で人が大好き。
複数回会うと心を開き、大はしゃぎします。
会えば会うほど仲良くなれる「通向け」犬かも。
OJTを通して日々勉強中!

Kuma
KUMA(くま)
2020年初夏生まれ
女の子

とある島に繁殖する野犬の子。
小さい頃は子ぐまか子だぬきにしか見えなかったので、その名もくま。
野犬と聞くとちょっと怖いかもしれませんが、最近の野犬のあざと可愛さを侮るべからず。
初対面でも、「会いたかったよーー!」と10年ぶりの再会のテンションで向かってきます。
おてんばだけど、実は頭脳派。
接客も営業も広報もエースを目指して奮闘中!

バディドッグとできるアクティビティ例

ランニングバディ
ランニングバディ
バディとして一緒にトレーニングする

犬と歩く/走ると走距離が伸びダイエット効果向上
犬と見つめ合うと免疫力アップ

お仕事バディ
お仕事バディ
オフィスでふれあい癒される

犬と見つめ合うとコミュニケーション能力・集中力アップ
犬と見つめ合うとストレス・不安・痛みレベル減少

子育てバディ
子育てバディ
子どもの新しいバディとして一緒に遊ばせる

犬と育った子どもでは読解力・感受性アップ

シニアバディ
シニアバディ
お散歩でコミュニティを広げる

心筋梗塞後の回復率に犬との生活の有無が影響
犬を触ることで血圧が低下

こんな人・施設におすすめ

BtoC
  • 犬を飼いたくても、仕事や住居の問題で飼うことができない方
  • 心と体の健康に不安を抱えており、ヘルスケアを楽しく効果的に行いたい方
  • まだ犬と暮らしたことがないが、犬の知識もつけながら犬生活を体験したい方
  • 情操教育の一環として、子どもを犬とふれあわせたい保護者の方
  • 新しく犬を迎えることが不安なシニアの方
  • 新しい形で保護犬をサポートしたい方

提供できる価値

  • 手間(日々の世話)・費用(予防や治療費)・責任(最期までの面倒)という飼育におけるハードルの解消
  • 犬とのふれあいによって向上する心身の健康
  • 保護犬のサポートという社会貢献を行うことによって得られる主観的幸福感
BtoB
  • 利用者の満足度向上や効果的な心身のケアを求める高齢者施設やメンタルクリニックなど
  • 犬好きの利用者が多く、差別化をはかりたいコワーキングスペースやカフェなど
  • 犬好き社員が多く福利厚生やCSRに力を入れたい企業など

提供できる価値

  • 利用者や社員の満足度・健康度向上
  • 福利厚生やCSRの新たな選択肢
  • 犬好き顧客の新規開拓やモチベーション増加による施設利用解約率の減少
Buddies

知っていますか?保護犬のこと

日本では年間およそ10万匹以上の犬猫たちが、保健所や引き取り屋によって殺処分されています。

保護犬とは、各地の収容所やブリーダー崩壊現場などからレスキューされ、新しい居場所を探している犬たちのことです。

もっと知る
Buddies

メルマガ登録

Buddiesの最新情報をお届け!
Buddiesをもっと知りたい方はぜひ登録 ♪

お問い合わせ

サービスについてのお問い合わせや
預かりボランティア希望はこちらから

Doggy Inquiry